[ジャイアント・オブ・ジャズ]オスカー・ピーターソン(OSCAR PETERSON)のページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ
商品検索

初めてのジャズ


ジャズショップ店長のお勧めレコメンド

初めてのジャズ
ジャイアント・オブ・ジャズ
みなさんの評価
評価を書き込む
ジャズ・ピアノ
テナーサックス
アルト・サックス
フルート・バリトン・クラリネット
トランペット
トロンボーン
ギター
ベース

ドラムス

ヴァイブ
ヴォーカル
ビッグバンド
無人島へ持って行く一枚
無人島盤を投稿する
レーベルヒストリー

JAZZのお勧めレーベル

澤野工房
山中千尋
VLADIMIR SHAFRANOV
GIOVANNI MIRABASSI
JOS VAN BEEST
BLUE NOTE
サウンドヒルズ
LONEHILL JAZZ
VEE JAY
マシュマロレコード
LONEHILL JAZZ
アナログ
究極のアナログクリーナー
「バランス・ウォッシャー」
ジャズ批評
ジャズ批評ブックス

ジャズCDのご注文について
ご注文方法
送料について
お支払い方法
買い物カゴについて
ファックスご注文
サポート
会員ポイントについて
お問い合わせ
返品について
中古ジャズCD・アナログ・紙ジャケ・書籍など買い取りのご案内
法令に基づく表示
当店のプライバシーステートメント
■お荷物検索
ペリカン便
クロネコヤマト
佐川急便

第2回オスカー・ピーターソンの定盤1

第1回第2回第3回第4回

▼ヴァーヴ ギター・トリオ時代
当時人気だったページ・キャバノー・トリオにならった構成でギターを交えたトリオを結成。初代はバーニー・ケッセル、その次に参加したハーブ・エリスによってこのトリオの個性が決まる。ドラムス無しでの猛烈なスイング感は今なお新鮮だ。


OSCAR PETERSON QUARTET VERVE MGV8072
NO IMAGE

ギター・トリオ時代といいながらドラムの入ったアルバム?たしかにそうなんですが、バーニー・ケッセルとのアルバムとなるとこれかなと思います。オスカー・ピーターソン・トリオの最初のレギュラーギタリストがバーニー・ケッセル。彼のギターはハーブ・エリスとは違ったドライブ感を出している。ケッセルのツアー嫌いのため1年間で解散してしまったのが残念。貴重な1枚。

購入サイトへ


AT THE STRATFORD SHAKESPEAREAN FESTIVAL VERVE MGV8024
AT THE SAKESPEARN FESTIVAL

とにかく猛烈なスピード感がすばらしい。オスカー・ピーターソンのバカテクもすごいが、そのスピードに寸分の狂いもなくついていくハーブ・エリスとレイ・ブラウンにも拍手だ。ドラム無しでこれだけスイング感を出すのはすごいと思う。3者が渾然一体となって突進していくプレイに観客も酔いしれている。ただライブだけに音的にはあまりよくない。

購入サイトへ


▼ヴァーヴ エド・シグペン(ds)前期・中期  
この3人のトリオは「THE TRIO」という尊称で呼ばれた。ピアノ・トリオの王道をいくトリオだ。特にエド・シグペンのドラムスがこのトリオに喜与した功績は大きい。その中で前期・中期の中から選ぶとなるとどれも素晴らしい演奏でこまってしまう。


THE SOUND OF THE TRIO VERVE V6-8480
SOUND OF THE TRIO

まず挙げねばならいのが4枚リリースされたロンドン・ハウスでのライブだろう。これは1960年のライブ。4作のなかでは本盤が演奏時間も長く、このトリオの真髄が楽しめる。シグペンの冴え渡るブラッシュ・ワークも聞き物のひとつ。ロンドン・ハウスのライブが「THE TRIO」の証明書みたいなものだ。できれば4作全部聴いても損はない。

購入サイトへ


NIGHT TRAIN VERVE V6-8538

自由への讃歌で人気のアルバム。オスカー・ピーターソン・トリオのコンビネーションが一番充実していた時のアルバム。バグス・グルーヴやCジャム・ブルースなどブルージーな演奏が続く。

購入サイトへ


WEST SIDE STORY VERVE V6-8454
WESTSIDE STORY

コマーシャルな企画だが、立派なジャズ・アルバム。ピーターソンのアルバムの中でも好セールスを記録した一枚。有名なミュージカルのジャズ化だがそれだけに手腕をとわれる。実に楽しい演奏となった。

購入サイトへ


▼ヴァーヴ後期〜マーキュリー・ライムライト  
1964年まで続いたヴァーヴとの契約をうち切りマーキュリー ・ライムライトとレーベルを移動していくのであるが、この時期がピーターソンにとって一番苦しい時代だった。エド・シグペンが退団し続いてレイ・ブラウンも去っていった。MPSになり吹っ切れたようなプレイを始めるのだが過渡期のオスカー・ピーターソンだ。


WE GETS REQUEST VERVE V6-8606

ヴァーヴ最後のアルバムはファンへの感謝なのだろうか。非常にポピュラーな曲を並べて実にゴージャズな演奏を繰り広げる。さりげなくプレイされる各曲だが、3者が同等の立場でプレイしている。ジャズ入門アルバムながら、未だに楽しめる名盤。音も良いです。

購入サイトへ


CANADIANA SUITE LIMELIGHT LS-86010
NO IMAGE

ライムライトに移籍してからのアルバム。オスカー・ピーターソンの故郷の情景を描いたアルバムで、彼の作曲の良さも伺える。雄大な気分に浸ることができる。カナダの草原の美しさが見えてくる。


▼歌伴としてのオスカー・ピーターソン  
オスカー・ピーターソンはヴァーヴのハウス・ピアニストとして様々なセッションに起用された。また色んな歌手の歌伴を結構やっている。オスカー・ピーターソン自身も歌を歌っているので歌伴もうまい。


ANITA O'DAY / ANITA SINGS THE MOST VERVE MGV-8259
SINGS THE MOST

実はこのアルバム僕が初めて買ったジャズ・ヴォーカルなのです。もうアニタ・オデイの歌にしびれてしました。オスカー・ピーターソンのバックも洒落ていてアニタを好サポートしています。オスカーってイントロが上手いです。

購入サイトへ


ELLA AND LOUIS VERVE MGV-4003

エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングのデュエット。もう二人の素晴らしいヴォーカルが堪能できます。特にエラの出来が抜群です。サッチモはユーモアとブルース溢れるプレイを展開、オスカー・ピーターソンのつぼを心得たバッキングが見事です。

購入サイトへ


第1回第2回第3回第4回

   |ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索 ▲ページトップ
Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.