[ジャイアント・オブ・ジャズ]オスカー・ピーターソン(OSCAR PETERSON)のページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ
商品検索

初めてのジャズ


ジャズショップ店長のお勧めレコメンド

初めてのジャズ
ジャイアント・オブ・ジャズ
みなさんの評価
評価を書き込む
ジャズ・ピアノ
テナーサックス
アルト・サックス
フルート・バリトン・クラリネット
トランペット
トロンボーン
ギター
ベース

ドラムス

ヴァイブ
ヴォーカル
ビッグバンド
無人島へ持って行く一枚
無人島盤を投稿する
レーベルヒストリー

JAZZのお勧めレーベル

澤野工房
山中千尋
VLADIMIR SHAFRANOV
GIOVANNI MIRABASSI
JOS VAN BEEST
BLUE NOTE
サウンドヒルズ
LONEHILL JAZZ
VEE JAY
マシュマロレコード
LONEHILL JAZZ
アナログ
究極のアナログクリーナー
「バランス・ウォッシャー」
ジャズ批評
ジャズ批評ブックス

ジャズCDのご注文について
ご注文方法
送料について
お支払い方法
買い物カゴについて
ファックスご注文
サポート
会員ポイントについて
お問い合わせ
返品について
中古ジャズCD・アナログ・紙ジャケ・書籍など買い取りのご案内
法令に基づく表示
当店のプライバシーステートメント
■お荷物検索
ペリカン便
クロネコヤマト
佐川急便

第3回オスカー・ピーターソンの定盤2

第1回第2回第3回第4回

▼MPS期
このMPS時代のオスカー・ピーターソンが一番モダンに聞こえるのは何故だろう。オーナーのハンス・ゲオルグ・ブルナーシュアーによるクリアーな録音と相まってピュアなサウンドがそうさせるのか?65〜71年までの専属時代に15作録音した。


THE WAY I REALLY PLAY MPS  
THE WAY REALY

日本で一番最初に発売されたMPSのアルバム。当時のジャケットにジャズ・ボサノバシリーズとあるのが時代を感じる。ボビー・ダーハムの激しいドラミングがオスカー・ピーターソンを刺激したのか、意欲的なプレイが聴かれる。ただレイ・ブラウン、エド・シグペン時代のトリオは実質的な音楽監督はどうもレイ・ブラウンだったらしい。このころより名実共にオスカー・ピーターソンのワンマン・トリオになった。サム・ジョーンズはバッキングに専念している。スタジオ・ライブということでリラックスしたプレイだ。兄のアパートで盗み聴きした一枚。

購入サイトへ


MY FAVORITE INSTRUMENT MPS
SOLO

オスカー・ピーターソン初のピアノ・ソロアルバム。テクニシャンピーターソン面 目躍如といった感じか。それでもテクニックの展覧会的 演奏ならないのはさすが。だけどこれを聴くとどうしてもトリオが聴きたくなるオスカー・ピーターソンはやはりトリオの人。オスカー・ピーターソン自身がMPS時代のベストという一枚。

購入サイトへ


HELLO HERBIE MPS
ハロー・ハービー

もう何回も書いて来ているので繰り返さないが僕の思い出の一枚2曲目「EXACTLY LIKE YOU」でオスカー・ピーターソンが息を潜めてプレイするところがとてもジャージー。久々の共演となったハーブ・エリスとの第一声をアルバムタイトルに。MPS時代のベストと密かに思ってる一枚。

購入サイトへ


REUNION BLUES MPS
リユニオン・ブルース

オスカー・ピーターソンはヴァーヴ専属時代にミルト・ジャクソンと「VERY TALL」というアルバムを作っているが、その再会セッション。久々にレイ・ブラウンも参加して和気藹々としたアルバムに仕上がった。ミルト・ジャクソンのブルージーさとオスカー・ピーターソンのエンターティンメントが上手くかみ合った一枚。

購入サイトへ


▼パブロ期 
ノーマン・グランツが再び興したレーベル。オスカー・ピーターソンもそくはせ参じた。様々なユニットでオスカー・ピーターソンは八面 六臂の活躍。膨大なアルバムを残した。トリオ・アルバムは比較的少ない。


THE TRIO PABLO
THE TRIO

ヴァーヴ時代に対抗したのかその名も「ザ・トリオ」パブロ時代のトリオというとニールス・ペデルセン、ジョー・パスのトリオになる。ヴァーヴ前期のギター・トリオに戻るが、ハーブ・エリス時代の猛烈なスピードによるスイングと違いジョー・パスのギターにはもっとくつろぎ感がある。ニールス・ペデルセンの冷めたベースが絶妙のバランス。

購入サイトへ


SATCH AND JOSH PABLO 
SATCH AND JOSH

AGATAのレコメンドに取り上げた一枚。ノーマン・グランツは  オスカー・ピーターソンを使って大物との共演アルバムを次々と  リリースした。その中でもっとも成功したアルバム。控えめな  ピーターソンがカウント・ベイシーのソロに絡むところが  大好きです。

購入サイトへ


THE OSCAR PETERSON BIG 6 AT MONTREUX 75 PABLO
NO IMAGE

パブロ時代のオールスターものはたくさんありどれも同じような演奏だが75年のセッションが一番まとまっていると思う。ハーモニカのトゥーツ・シールマンが異色だがいい味をだしている。オスカー・ピーターソンはワンマンと言われているがバッキングしているオスカーは相手をかなり気遣っている。楽しいライブだ。

 


▼テラーク期 
ノーマン・グランツがジャズ界を再び引退した後フリーで活動してたオスカー・ピーターソン。90年にテラーク専属になり再びアルバムをリリースしてファンを安心させる。この頃からオスカー・ピーターソンの白髪が目立つようになるいい意味で円熟した演奏を。


THE LEGENDARY OSCAR PETERSON TRIO LIVE AT BLUE NOTE TELARC
live at blue note

誠に申し訳ないけどテラークになってからのオスカー・ピーターソンを僕はあまり聴いていない。特に片手が不自由になってからのピーターソンは悲しくて聴くことができない。ほんとをいえばMPSまでのアルバムが僕にはすべてです。そのなかで唯一オススメがハーブ・エリス、レイ・ブラウンとの正真正銘の再会セッション。4枚のアルバムがリリースされたがまあ一枚で充分。ドラムにボビー・ダーハムが参加してリズムを締めている。オスカー、ハーブ・エリスとレイ・ブラウンの3人のコンビネーションはさすがだ。

購入サイトへ

第1回第2回第3回第4回

   |ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索 ▲ページトップ
Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.