[ジャイアント・オブ・ジャズ] オスカー・ピーターソン(OSCAR PETERSON)のページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ
商品検索

初めてのジャズ


ジャズショップ店長のお勧めレコメンド

初めてのジャズ
ジャイアント・オブ・ジャズ
みなさんの評価
評価を書き込む
ジャズ・ピアノ
テナーサックス
アルト・サックス
フルート・バリトン・クラリネット
トランペット
トロンボーン
ギター
ベース

ドラムス

ヴァイブ
ヴォーカル
ビッグバンド
無人島へ持って行く一枚
無人島盤を投稿する
レーベルヒストリー

JAZZのお勧めレーベル

澤野工房
山中千尋
VLADIMIR SHAFRANOV
GIOVANNI MIRABASSI
JOS VAN BEEST
BLUE NOTE
サウンドヒルズ
LONEHILL JAZZ
VEE JAY
マシュマロレコード
LONEHILL JAZZ
アナログ
究極のアナログクリーナー
「バランス・ウォッシャー」
ジャズ批評
ジャズ批評ブックス

ジャズCDのご注文について
ご注文方法
送料について
お支払い方法
買い物カゴについて
ファックスご注文
サポート
会員ポイントについて
お問い合わせ
返品について
中古ジャズCD・アナログ・紙ジャケ・書籍など買い取りのご案内
法令に基づく表示
当店のプライバシーステートメント
■お荷物検索
ペリカン便
クロネコヤマト
佐川急便

第4回オスカー・ピーターソンの裏盤

第1回第2回第3回第4回

今回はオスカー・ピーターソン裏盤なんですが、はっきり言って表盤しかオスカー・ピーターソンには無いといっても過言ではない。そこでちょっと毛色が変わったアルバムを何点か集めてみました。ほかにも「こんなのあるぞ」ってのありましたらぜひご連絡ください。  
ではオスカー・ピーターソンの裏盤です。


THE ASTAIRE STORY VERVE
NO IMAGE

大スターフレッド・アステアの3枚組。フレッド・アステアのヒット・ナンバーをアステア自身が再現しているボックスセット。 メンバーはCHARLIE SHAVERS(tp) Flip Phillips(ts) Oscar Peterson(p) Barney Kessell(g) Ray Brown(b) Alvin Stoller(ds)  

チャーリー・シェイバースの渋いトランペット、フィップ・フィリップスもブローを控えてベテランらしいテナーを聴かせる。そしてわれらが オスカー・ピーターソンはアステアのノンシャランな歌に見事なバキングで盛り上げる。    

オスカー・ピーターソンの歌伴はメロディに対する愛情あふれる伴奏でソロも抑えめだ。フレッド・アステアの上手くはないが味のあるヴォーカルを上手にサポートしている。    

尚このアルバムでフレッド・アステアはピアノを弾いたり、タップでメンバーと渡り合ったり、エンターテイナーとしての面 目躍如といった活躍だ。

 


WITH RESPECT TO NAT LIMELIGHT
リスペクト・トゥ・ナット

オスカー・ピーターソン・トリオからエド・シグペンが退団し苦況にたたされた時のアルバム。オスカー・ピーターソンが久々に渋いのどを聞かせている。タイトル通 り故ナット・キング・コールに捧げたアルバム。  

ナット・キング・コールのヒット曲をオーケストラとカルテットをバックにナット・キング・コールそっくりに歌う。ただしキング・コールほどの深みはありませんが。マニー・アルバムのアレンジも素晴らしく、でき自体は悪くない。

ナット・キング・コールへの深い追悼の念を感じるが、ピーターソンのピアノの切れはいまいちか。エド・シグペンの存在の大きさを痛感する。

購入サイトへ


IN TUNE / WITH SINGERS UNLIMITED MPS
IN TUNE

シンガーズ・アンリミテッドという超絶技巧ヴォーカル・グループの伴奏をつとめたMPS時代のヒット・アルバム。クリアーなシンガーズ・アンリミテッドの歌声にオスカー・ピーターソン のピアノがベスト・マッチ。  

1曲目の「セサミ・ストリート」ではまってしまった。このアルバムのヒットでシンガーズ・アンリミテッドはこのあとアカペラ・アルバムを次々とリリースすることになる。オスカー・ピーターソンはこのグループを聴くや自分から共演を 申し込んだようだ。女性1人、男性3人のグループでボニー・ハーマンの澄んだ歌声が印象的だった。

購入サイトへ


■こぼれ話■  

オスカー・ピーターソンのヴォーカルアルバムはVERVE前期時代に一枚あるが、65年のライムライト盤まで長い間吹き込んでいない。  
その理由だがある時オスカー・ピーターソンとナット・キング・コールが紳士協定を結んで、オスカー・ピーターソンが歌で出演料を貰わない代わりにナット・キング・コールはピアノ稼ぐのやめたというわけ。それでナット・キング・コールはピアノをやめて歌に専念したという嘘か誠かわからない逸話があります。でもナット・キング・コールのピアノが晩年聞けなかったのは 寂しい。

第1回第2回第3回第4回

   |ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索 ▲ページトップ
Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.