ミルト・ジャクソン(MILT JACKSON) / MILT JACKSON QUARTETのページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ




MILT JACKSON QUARTET

このアルバムの感想を書き込む
MILT JACKSON QUARTET OJCCD001-2
パーソネル
Milt Jackson(vib) Horace Silver(p) Percy Heath(b) Connie Kay(ds)
recorded 5/20/1955
トラックス
1
Wonder Why
2
My Funny Valentine
3
Moonray
4
The Nearness Of You
5
Stonewall
6
I Should Care


MJQ(モダン・ジャズ・カルテット)のキープレーヤーとして長年活動したミルト・ジャクソン。ブルージーでソウルフルな彼のプレイとジョン・ルイスの厳密な曲作りとは火と油に思われながらそれが融合することで醸し出される演奏は適度なリラクゼーションと緊張に充ちた素晴らしいものだった。

ミルト・ジャクソン自身は元来グルーヴィーな感覚のプレーヤーでMJQを離れたアルバムでみせるソウルフルなプレイが彼本来の姿だ。サヴォイの「オパス・デ・ジャズ」アトランティックの「プレンティ・プレンティ・ソウル」などがその好例だ。

ミルト・ジャクソンはモダンジャズを代表するインプロヴァイザーといっても過言ではないだろう。メロディックでソウルフルなフレーズ、バラードにおける余韻のあるプレイなどその魅力は限りない。MJQでも彼のアドリブゆえに成功した。ジョン・ルイスもミルト・ジャクソンという希代のプレイヤーがいたからこそあのグループが存在したのだと思う。

さて本アルバムだが、MJQをはなれて録音されたアルバム。メンバーはホレス・シルバーを除けばMJQと同じ。しかしジョン・ルイスの厳密な構成による曲作りとは別 に各々が存分にプレイを楽しんでいるリラックスしたアルバムだ。 変な言い方かもしれないがミルト・ジャクソンのワンホーンアルバムともいえる。制約無く自由にアドリブを楽しんでいる。

特にピアノのホレス・シルバーの参加がこのアルバムの成功の一因。オーバーファンクにならない抑制の利いたピアノとヴァイブのコラボレーションは素晴らしい。また曲も5を除いてスタンダードで固めたことも正解だった。テンポ的にもミディアム・バウンスぐらいまででミルト・ジャクソンの余韻のあるヴァイブの音が素晴らしい。

またミルト・ジャクソンは比較的押さえたプレイでブルーで深く沈んだ感覚をあらわしている。特に3など実に素晴らしい。

ミルト・ジャクソンのリーダーアルバムのなかでも上位 に位置するアルバムだ。

購入サイトへ




ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索ページトップ

ファックスのご注文

Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.