ジョン・コルトレーン(JOHN COLTRANE) / SOULTRANEのページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ




SOULTRANE

このアルバムの感想を書き込む
JOHN COLTRANE / SOULTRANE OJCCD021-2
パーソネル
John Coltane(ts) Red Garland(p) Paul Chambers(b) Artur Taylor(ds)
recorded 2/7/1958
トラックス
1
Good Bait
2
I Want To Talk About You
3
You Say You Care
4
Theme From Ernie
5
Russian Lullaby
 


1959年コルトレーンはアトランティックと契約。「ジャイアント・ステップス」においてアイラ・ギトラーが銘々した「シーツ・オブ・サウンド」と呼ばれるコルトレーン独特の奏法の完成を見る。翌年「MY FAVORITE THINGS」において初めてソプラノ・サックスでの演奏を録音。

61年よりインパルスと契約。エリック・ドルフィーを加えたグループでヴィレッジ・ヴァンガードに出演。ドルフィー退団後は有名なコルトレーン・カルテットにより独自の奏法によるモードの探究に励む。64年「史上の愛」によりグループとしての集大成をはかる。

その後は次第にアバンギャルドな演奏に傾き、新しい可能性の追求に向かう。65年コルトレーンの問題作「アセンション」を吹き込む。この間にマッコイ・タイナー、エルビン・ジョーンズが退団する。1966年7月来日コンサートを行う。日本各地ですざましい熱気に充ちたライブを行う。

翌年春の「エクスプレッション」が遺作となる。1967年7月17日肝臓ガンのため死去。

このアルバムはコルトレーンが麻薬と手を断ち切り新たな創造へ向かっていった時の録音だ。モンクとの共演で様々な体験を積み、マイルスの元に復帰してモードへの探究を始めたコルトレーンのプレイは56年当時と比べても格段に進歩している。ただまだ改革の狭間で、モード的なプレイと従来のハードバップ的なプレイが交互に顔を出している。しかし55年マイルス・クインテットに参加した当時のぶきっちょなプレイではない。

またこのアルバムを際だたせているのはコルトレーンがワンホーンでじっくりと吹いていることである。特に2や4はコルトレーンの典型的なバラードプレイが聴かれる点で素晴らしい。また5はコルトレーンの代名詞となった「シーツ・オブ・サウンド」の萌芽がみられる。ものすごく早いパッセージで空間を埋めていくような演奏だ。

そしてここで共演しているレッド・ガーランドの存在を忘れることは出来ない 。確かにこの時点で二人の目指す物は微妙に違ってきている。5におけるガーランドのプレイはコルトレーンのモード的な演奏にとぐわっているようだ。しかし微妙な緊張感がこのアルバムを素晴らしいものにしている。特に1や2におけるガーランドのバッキング・ソロは素晴らしい。ガーランドはよくカクテル・ピアニストなどと揶揄されることもあるが、彼の本質は美しいフレーズと共にあるアーシーさだ。コルトレーンの一聴無機質にきこえるプレイがガーランドのフレーズと対比されるとまた別 の趣を帯びてくる。

また「グッド・ベイト」で珍しくユーモラスなコルトレーンのプレイが 聴かれる点でこのアルバムの価値がある。タッド・ダメロン作のこの曲のベスト・プレイだろう。

コルトレーンはよく同じ曲を何度も何度も吹き込みので有名だが2の「I WANT TO TALK ABOUT YOU」もその中の一曲だ。コルトレーンはノンビブラートで比較的ストレートにメロディを吹く。バラードにおける典型的なプレイだ。その後ガーランドが独特なブロック・コードで弾いた後シングルトーンで実に美しいソロをとる。

コルトレーンのプレスティッジ時代最高のアルバムと僕は確信しています。

購入サイトへ




ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索ページトップ

ファックスのご注文

Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.