ブルー・ミッチェル(BLUE MITCHELL) / BLUE'S MOODSのページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ




BLUE'S MOODS

このアルバムの感想を書き込む
BLUE MITCHELL / BLUE'S MOODS OJCCD138-2
パーソネル
Blue Mitchell(tp) Wynton Kelly(p) Sam Jones(b) Roy Brooks(ds)
recorded 8/24,25/1960
トラックス
1
I'll CloseMy Eyes
2
Avars
3
Scraoole From The Apple
4
Kinda Vague
5
Sir John
6
When I Fall In Love
7
Sweet Pumpkin
8
I Wish I New
 


ブルー・ミッチェルの代表作、というか彼のリーダーアルバムで1枚を選ぶとしたらこれっきゃ無いという人も少なく無いほどの人気盤です。

ハードバップ期、トランペットによるワンホーン・アルバムってそんなに無い。その中で代表的な作品を挙げるとすれば、「LEE MORGAN/CANDY」「KENNY DORHAM/QUIET KENNY」「BOOKER LITTLE」それとブルー・ミッチェルのこのアルバムだろう。いずれもジャズ喫茶の人気盤だ。

ブルー・ミッチェルの魅力はその唄うがごときフレージングだが、このアルバムではその魅力が十二分に味わえる。特に1は名演として有名だ。彼はナヴァロ−ブラウン系 のトランペッターで、彼らほどブリリアントなソロではないがその趣味の良いソロで多くのファンをつかんでいる。特にリバーサイドの諸作はハードバップの魅力を備えた作品として今でも良く聴かれる。

ホレス・シルバー・クインテットでのファンキーなソロも良かったが、このアルバムではワンホーンということもあり彼自身がやりたいように自由にやっているうれしさ、そしてくつろぎに充ちたプレイが印象的だ。

1「I'll Close My Eyes」ウイントン・ケリー独特の節回しによるイントロにのってでてくるブルー・ミッチェルのテーマが素敵だ。あっさりとテーマを吹いてソロに入っていくが最初の一音で引き込まれてしまう。こんな曲を1曲目に持ってきた選曲がにくい。この曲のベスト・プレイのひとつ。

2「Avaras」はテナー奏者ロッキー・ボイドのオリジナル。ハードバピッシュな曲調にミッチェルのペットが良く合う。

3はパーカーの有名なオリジナル。ドラムのロイ・ブルックスとのフォーバース・チェンジも快調だ。

4・5はミッチェルのオリジナル。4のレイジーな雰囲気、5のファンキーな曲調にミッチェルのペットが冴える。僕は4の映画のワンシーンを見ているようなプレイが好きだ。ケリーのベースに絡むようなソロがまたいい。

6「When I Fall In Love」はブルー・ミッチェルのバラードプレイ。オープンであまりビブラートをかけずストレートに吹いていく。すがすがしいプレイだ。ケリーのピアノがロマンティック。

7は僕の大好きなピアニスト、ロンネル・ブライトのオリジナル。ブルー・ミッチェルの楽しそうな笑顔が浮かぶようなプレイだ。

8はまたまたスタンダード。サム・ジョーンズのベースにのってミッチェルが気持ちよさそうに吹いていく。

そしてこのアルバムのもう一つの魅力は絶頂期にあったウイントン・ケリーのピアノとサム・ジョーンズの生きのいいベースだ。

ジミー・ヒースのこの言葉こそこのアルバムの魅力そのものです。
「I think Blue Mitchell was one of the most melodic players of his generation" --Jimmy Heath 」

なおmariko8が無人島盤で紹介してくれました。

購入サイトへ




ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索ページトップ

ファックスのご注文

Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.