ケニー・ドーハム(KENNY DORHAM) / QUIET KENNYのページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ




QUIET KENNY

このアルバムの感想を書き込む
KENNY DORHAM / QUIET KENNY OJCCD250-2
パーソネル
Kenny Dorham(tp) Tommy Flanagan(p) Paul Chambers(b) Arthur Taylor(ds)
recorded 11/13/1959
トラックス
1
Lotus Blossom
2
My Ideal
3
Blue Friday
4
Alone Together
5
Blue Spring Shuffle
6
I Had The Craziest Dream
7
Old Folks
8
Mack The Knife
 


もうどれくらい聴いたかわからないほど好きなケニー・ドーハムの人気盤です。

ケニー・ドーハムを形容するとき「渋い」「いぶし銀の」「通 好み」などという言葉がよく使われる。確かに派手ではないが、心にしみるトランペッターだ。ジャズ界をリードするようなタイプでもないし、問題作を発表したわけでもない。でもなぜか忘れられないプレーヤー。悪い言い方をすれば一流半のプレーヤー、でも僕らの心に残るのはこうしたプレーヤーなのかもしれない。

彼はバップ期から活躍したトランペッターだが、その晩年に至るまでアメリカでは正当な評価は得られぬ まま1972年に亡くなった。しかし日本では高い人気を得たミュージシャンでその点でソニー・クラークと似ている。また作曲の才能もあり名曲「ブルー・ボッサ」の作者でもある。

さて本アルバムだがチョーがつくほどの人気盤で、ケニー・ドーハムの日本での人気を決定づけたアルバム。ジャケットからも伺えるようにケニー・ドーハムがバラードを中心にプレイしたハートウォーミングな作品だ。ここでも彼の特徴である中音域を活かしたリリカルなプレイが堪能できる。特に2・4といったバラードプレイにその姿を見ることが出来る。

ケニー・ドーハムのプレイはあまり流暢とはいえない。またリズムに対するのりが後ノリでもたついた感じは否めない。しかしその弱点がジャズでは強みになることもある。後ノリゆえのブルーな雰囲気だ。特にこのアルバムではケニー・ドーハムが慈しむように吹いている。また温かいトーンも魅力的。それとこのアルバムでも彼の作曲の才能が遺憾なく発揮されている。それともう一つ、名盤の影にトミフラあり、トミー・フラナガンのピアノが素晴らしい。曲によってはトミフラのピアノに耳がいってしまうほどだ。

1「Lotus Blossom」はケニー・ドーハム作曲の名曲。ハード・バップを代表する曲だ。印象的なメロディからドーハムがハスキーなトーンでメロディアスなソロを展開、続くトミフラのピアノも素晴らしい。アート・テイラーの短いながら締まったドラミングも花を添える。

2「My Ideal」このアルバムのベストトラック。ドーハムのブルーな雰囲気がこの曲にピッタリだ。ブレークした後の出だしが好きだ。

3「Blue Friday」再びドーハムのオリジナル。ハード・バピッシュな曲。ベースが絡むイントロがカッコイイ。トミフラのソロが素晴らしい。

4「Alone Together」ドーハムは小細工せずにストレートにメロディを吹いていく。かえってそれが好印象を得た。

5「Blue Spring Shuffle」ドーハムのオリジナル。ポール・チェンバースのウォーキング・ベースから始まる、ファンキーな雰囲気を持った曲。

6「I Had The Craziest Dream」はなんか春の気持ちのように温かくなってくる。

7「Old Folks」まさにドーハムにピッタリのスタンダード。優しく語りかけてくれる。

8「Mack The Knife」三文オペラで有名な曲。ジャズファンにはロリンズのサキコロのプレイがピンとくるか。オリジナルアルバムでは収録されなかった曲。

購入サイトへ




ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索ページトップ

ファックスのご注文

Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.