レッド・ガーランド(RED GARLAND) / RED IN BLUESVILLEのページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ




RED IN BLUESVILLE

このアルバムの感想を書き込む
RED GARLAND / RED IN BLUESVILLE OJCCD295-2
パーソネル
Red Garland(p) Sam Jones(b) Arthur Taylor(ds)
recorded 4/17/1959
トラックス
1
He's A Real Gone Guy
2
See See Rider
3
M Squad Theme
4
Your Red Wagon
5
Trouble In Mind
6
St. Louis Blues


ブルース・フィーリング溢れるレッド・ガーランドの名盤。

右手のリリカルなメロディ・ラインと左手の間がレッド・ガーランドのあの独特なタッチを生みだしている。エロール・ガーナーに影響を受けたと言われる半歩遅れたような間によってリラクゼーションとブルース・フィーリングをリスナーに感じさせてくれる。

ガーランド節と呼ばれるあのタッチとガーランドにしかできないブロックコード、時に甘口なプレイからカクテル・ピアノなる蔑称も。しかしレッド・ガーランドの根底にはブルースがある。マイルス・クインテットでの緊迫したプレイも素晴らしいが、ガーランド節をちりばめたトリオ作品の魅力には抗しがたい。またバラードでのリリカルな表情はガーランドの音の美しさを堪能できる。ほんとうに美しい音を出すピアニストだ。

さてこのアルバムだが、なんで「GOOVY」じゃないのという声も聞こえてきそう。僕も最初に買ったレッド・ガーランドのアルバムはあれだった。もしあの場所がまだ残っていたならその前で写 真を撮りたい。それほどジャズを感じさせてくれるジャケットだ。

ではなぜ今回このアルバムを取り上げたかというと、レッド・ガーランドの作品の中で比較的地味なアルバム。だけど内容は非常に素晴らしいからだ。またポール・チェンバースのアルコ・ソロがないのがうれしい。(チェンバース・ファンの方ごめんなさい)

ベースのサム・ジョーンズはキャノンボール・アダレイ・クインテットでのプレイが有名だが、彼の粘るベースはこのアルバムにジャスト・フィットしている。事実レッド・ガーランドとは度々コンビを組んでいるので息もピタリとあっている。レッド・ガーランドが再カムバックしたときのベースも彼だ。

ドラムスのアーサー・テイラーはプレスティッジのハウス・ドラマー。様々なセッションに参加している。ガーランドも度々共演しているので気心の知れたプレイだ。

さてこれはタイトル通 りブルースばかり集めたレッド・ガーランドの中では異色作。でもガーランド節を振りまきながら美しいトーンでソロをとる。ブルース・プレーヤー、レッド・ガーランドを再認識するのに絶好のアルバムである。また実にリラックスした演奏だ。たっぷりブルースを演奏できる喜びに全員が浸っているように聞こえる。3のベイシー作曲のテレビ主題歌も立派なブルースになっている。僕の足も思わずビートを刻んでしまう。全体を通 してサム・ジョーンズのウオーキング・ベースがガーランドを上手く盛り上げている。

シー・シー・ライダーなどのスロー・ブルースは特にガーランドの独壇場だ。右手のメロディから段々とブロック・コードを交えながら盛り上げていくガーランドの得意技に思わずニンマリしてしまう。

最後のセントルイス・ブルースのみ僕は三角だ。できればレッド・ガーランドのオリジナル・ブルースをやってほしかった。

「グルーヴィ」や「アット・ザ・プレリュード」の陰に隠れた作品だがピアノ・トリオファンに是非聴いてもらいたい一枚だ。

購入サイトへ




ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索ページトップ

ファックスのご注文

Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.