トヌー・ナイソー(TONU NAISSOO) / WITH A SONG IN MY HEARTのページです
ジャズCD、LPショップ・AGATA
ジャズ ジャズショップAGATAのTOPへ
送料・お支払い 商品検索 レコメンド サイトマップ 買い物カゴマイページ




WITH A SONG IN MY HEART

このアルバムの感想を書き込む

友達にすすめる
TONU NAISSOO / WITH A SONG IN MY HEART AS046
税込み価格 CD ¥2500
SOLD OUT
パーソネル
TONU NAISSOO(p) JORMA OJANPERA(b) PETTERI HASA(ds)
recorded Feb 20-21,2003
トラックス
1 ISN'T IT ROMANTIC 2 MY FAVORITE THINGS 3 YOU ARE TOO BEAUTIFUL
4 WITH A SONG IN MY HEART 5 SPRING IS HERE 6 THINGS AIN'T WHAT THEY USED TO BE
7 CLOSE YOUR EYES 8 CON ALMA 9 IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING


エストニアのピアニスト、トヌー・ナイソーのピアノ・トリオです。

澤野工房からまた新しいタレントが紹介されました。バルト三国の一番上に位置するエストニア出身のピアニストです。ライナー・ノーツによりますと60年代から活動していたようです。写真からもかなりのベテランのようですね。

エヴァンス・タッチのピアニストです。ヨーロッパのピアニストに共通のクラシックの素養を感じます。また北欧系のロマンティックで透明感の漂うプレイです。

曲目も我々ジャズファンに馴染みのスタンダードがずらりと並んでいます。つきあっているメンバーも全員エストニア出身でしょうか。多分長年一緒にプレイしているのでしょう、トリオとしてのバランスも非常にとれています。ベースとのコンビが抜群ですね。ドラマーですが出しゃばらず、ソロでも節度をわきまえたプレイがいいですね。

エヴァンスの系統のピアニストですが彼よりも乾いたロマンティシズムを感じます。また軽さもあります。非常にリラックスして聴けるピアノです。アフタヌーン・ティにいかがでしょうか。

このピアニストのプレイを聴いていて、イントロのうまさに脱帽しました。アルバムのライナーでは1・4・6のイントロを褒めていました。僕的には2・4・9のイントロが素晴らしいと思います。

また演奏ではやはり2が断然優れていますね。それに次ぐのが僕は4・9のバラードだと思います。

2「MY FAVORITE THINGS」ですが、ジャス・ロック風なアレンジから可憐なメロディが流れてくるイントロが好きです。ベース・ソロの後のナイソーのソロがいいです。フレーズを長くとるソロですね。メロディを積み重ねていくところが聴いてい気持ちいいです。これはどの曲にもいえることです。

また彼の特徴としてどんな曲を演奏してもエモーショナルなものにはならず常にクールなソロです。たしかに曲が進むにつれてこれでもかと音符を連ねていきます。でもそれが実にクールネスなんですね。

だから黒人系のピアニストが好きな方にはちょっと物足りないかも。

僕としては肩肘張らずフン・フンと鼻歌でもようにかるく聴いてほしい1枚です。

BGMにオススメです。

CD ¥2500 カートに入れる




ジャズショップAGATAのTOPページへ商品検索ページトップ

ファックスのご注文

Copyright(c)1999-2004.JAZZ SHOP AGATA,all rights reserved.